• The print is produced with HP Artist Media 210gsm matt paper using UV light fast inks by which the colour lasts for long periods against sunlight. This print is sold unframed, and signed on the front. 

    Custom framing services are also available upon request.

    Please note: the item size is for image only without margin. 

     

    本ポスターは、高級アート紙である210gsmマット仕上げのHPアーティスト・メデイア紙にUVインクを使用し、長く自然光によって色褪せない色彩を再現。アーティスト直筆サイン入りの上、発送いたします。

    ご希望に応じて額装もいたします。どうぞご一報ください。

    注:サイズは作品画像のみ、マージンは含みません。

    Father and Son

    £35.00Price
    Size
    • The original work was completed in 2014, which was a part of a series on the theme of life-scape. However, it was initially produced for my solo show “country life” at Wendy J Levy in Manchester in 2010.

       

      Through the theme “life-scape”, I explore the core meaning of human relationship with the landscape surrounding them, and try to sublimate it into my visual language. The relationship, particularly between parents and children, intrigues me. Partly because of my humble background and partly because it is, I believe, one of the most fundamental human bonds. Recently I listened to the interview of Franciscan priest Richard Rohr who served as a jail chaplain for 14 years. He said, “… it was rare to find someone in jail who had a good father.” He used the language of “father hunger.” The interview was deeply moving and I was wondering if I’m a good father for my children? 

       

      This work “Father and Son” is the universal theme. I took a good period of time to complete it. It might be because of the deepest emotion I’ve never fathomed until knowing the term “father hunger”. 
 



      2014年制作のオリジナル作品は、テーマ「ライフ・スケープ」シリーズの一つ。実は、本作品はウェンディ・J・レヴィ・ギャラリー(マンチェスター)にて2010年に開催した個展『country life』の一作品として制作したものです。

       

      ライフ・スケープというテーマでボクが念頭に置いているのは、人とそれを取り巻く環境(風景)との本質的な関係性を探り、それを自身の視覚言語に表現しようというもの。特に親子の関係性には心惹かれます。それはボク自身の出生事情にもよるかもしれないし、人間の絆のうち大切なものの一つが親子関係だと思うからです。ところで最近、14年間刑務所司祭を勤めたフランシスコ派神父のリチャード・ロア氏のインタビューを耳にしました。「刑務所の服役囚のうち、良い父親を持っている人は希なんです」。氏は「father hunger(父親像への渇望)」という言葉を使っていました。感動とともに、ボクは自問しました、果たしてボクは自分の子供たちにとって良い父親なのか…。

       

      本作品『Father and Son』が持つテーマは普遍的。ボクがこの作品をじっくり時間をかけて完成させたのは、そんなえも言われぬ感情に突き動かされてのことだったと思います。それはまた、ボク自身の「father hunger」なのかもしれません。

    Japanese artist in the Lake District | イギリス湖水地方の日本人美術家 | United Kingdom

    Hideyuki Sobue's Portfolio | Copyright © Hideyuki Sobue. All rights reserved.

    • Email
    • Instagram - White Circle
    • Facebook - White Circle
    • Twitter - White Circle
    • LinkedIn - White Circle