• The print is produced with HP Artist Media 210gsm matt paper using UV light fast inks by which the colour lasts for long periods against sunlight. This print is sold unframed, and signed on the front. 

    Custom framing services are also available upon request.

    Please note: the item size is for image only without margin. 

     

    本ポスターは、高級アート紙である210gsmマット仕上げのHPアーティスト・メデイア紙にUVインクを使用し、長く自然光によって色褪せない色彩を再現。アーティスト直筆サイン入りの上、発送いたします。

    ご希望に応じて額装もいたします。どうぞご一報ください。

    注:サイズは作品画像のみ、マージンは含みません。

    Sky above Is Blue (Diptych)

    £35.00Price
    Size
    • This is the print carefully reproduced from the original work “Sky above Is Blue (Diptych)”. 

       

      When looking at the sky above on a crisp fine day, everybody can enjoy the transparent blue sky in their eyes. But just a minute. How can you tell it’s the blue sky you are seeing right now is the same as the person beside you is enjoying? I’m talking about our visual experience, on this occasion, about colour. 
       
      Firstly the physiological variables affect our vision. For instance, your visual experience is completely different from the colour-blind person. Normally we have three colour receptors (red, green, blue) but there is a minority group who has four colour receptors. They can see extra colour of longer wavelengths than red spectrum. Furthermore, there is another special group, the people with synesthesia. Our visual experience should be varied. Secondly, the external factors such as light and geographical condition, affect our vision. The colour of an object doesn’t change but you can tell the difference in the dim light at the dawn or under the bright daylight on the afternoon, heat of summer or chilled winter. Thirdly, our mental and emotional states affect our vision. This is far more complicated. In fact, it is utterly individual. Fourthly, our intelligence affects it! 

       

      In summary, our visual experience is completely unique yet we agree to name it “blue” and enjoy the blue sky on a fine day. It’s a happy mystery. Hence, the title “Sky above Is Blue”.
       
      本ポスターは、作品『Sky above Is Blue (Diptych)』を忠実に再現したものです。

       

      ある晴れ渡った清々しい日に、大空を見上げたとしましょう。誰もが目に映じる透き通った青空に心から感動するはず。でも、ちょっと考えてみてください。今あなたが見ている青空が、あなたの隣で感動している人の目に映える青空と同じだと、どうして言えるのでしょう?つまり、人の視覚体験、この場合、色彩体験について話しているのです。
       
      まず、人間の生理的違いによって視覚体験も異なります。たとえば、あなたの視覚体験は色盲の人と全く異なるはず。あるいは、通常人の視細胞の色覚受容体は青・緑・赤の3つですが、一部の人々は4色型色覚を持ち、4色型色覚者の場合、赤色スペクトルよりもさらに長波長の色光に反応する色覚受容体を持つといわれます。他にも共感覚を持つ特別な人々があり、視覚体験は大きく異なります。第2に、光の条件や地理的条件など、外的要因によっても影響を受けます。事物の色そのものは変わることがありませんが、夜明けの薄暗い光の下で見るのと、午後の明るい陽光の下で見るのとでは違いは一目瞭然です。また、夏の盛りと寒い冬に見るのとでも異なります。第3に、人の精神的・感情的要因によっても視覚体験は大きく異なってきます。これはもっと複雑。実際、この時点で全く個別の体験になってくるのです。さらに第4、人の知性の度合いによっても!
       
      要するに、ボクたちの視覚体験というのは全く個別のものと言っていいはずなのですが、それを「青色」と呼ぶことに皆で同意し、かくして晴れた日の青空に心弾ませるというわけなのです。それは神秘に包まれた幸福と言っていい。こうして、作品『Sky above Is Blue』が生まれた次第なのです。

    Japanese artist in the Lake District | イギリス湖水地方の日本人美術家 | United Kingdom

    Hideyuki Sobue's Portfolio | Copyright © Hideyuki Sobue. All rights reserved.

    • Email
    • Instagram - White Circle
    • Facebook - White Circle
    • Twitter - White Circle
    • LinkedIn - White Circle