Life-Scape

I wonder if there is a place people have never set their feet in…? Life-scape is my visual narrative through exploring the meaning of landscape that has been shaped and shifted by human intervention.

人が足を踏み入れたことのない場所は存在するのだろうか…。人が介在することで変化し、移ろいゆく風景の意味を探り、これを物語として描き出すこと。それが、ライフ・スケイプだ。

1/8

  I wonder if there is a place people have never set foot in…? I wonder how the landscape has been shifted and transformed by human intervention, or human experiences have been affected by the landscape? 

I explore to create a series of narratives with my visual language by capturing and delineating the human experience in its unique history, culture and contemporary understanding through gathering the threads of its story. It's neither simple landscape nor boring reproduction of photographic images but a narrative without words for an attempt to extract the core essence of human experience in the post-millennial era. It is, in other words, my exploration of the potential of a metanarrative once Jean-François Lyotard mentioned. It should be "the Open Work" as Umberto Eco once wrote, which can recall the fragments of core memory of human experience handed down from ancient days by means of fixating images of "today" reflected on my eyes in the course of history. This is my aim in life-scape.

  思うに、いったい人が足を踏み入れたことのない場所はあるんだろうか…?人が介在したことで風景はどんな風に移ろい、変化してきたんだろうか?あるいは風景によって人の営みはどんな風に変化してきたんだろうか?

 

ボクは、人々の日々の営みを、その固有の歴史·文化のうちに現代理解に併せて掬いとり、それを丹念に描写することで物語を紡ぎ、自身の視覚言語をもって新たな物語を生み出すことを試みたい。それは単なる風景画でもなければありふれた写真の複製でもない、21世紀後の物語の生成なのだ。それは、ジャン=フランソワ・リオタールの謳った“大きな物語”の可能性への、ボク自身の探求と言っていいかもしれない。作品はかつてウンベルト・エーコが著した「開かれた作品」とならなければならない。すると、歴史の途上でボクの目に映じた“今"をイメージとして定着させつつ、太古から連綿と続く人間の営みのコアの記憶を呼び覚ますヴィジュアル言語としての物語が生まれる。それこそが、ボクの志向するライフスケイプだ。

Japanese artist in the Lake District | イギリス湖水地方の日本人美術家 | United Kingdom

Hideyuki Sobue's Portfolio | Copyright © Hideyuki Sobue. All rights reserved.

  • Email
  • Instagram - White Circle
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • LinkedIn - White Circle