• Hideyuki Sobue

Virginia (after Da Vinci) Diptych completed

Updated: Apr 16

The original work was the right-side canvas which I once completed in 2019 for the 500th anniversary of Leonardo da Vinci's death. However, I've been thinking of something lack as complete work. After pondering for a while, I could finally complete it as a diptych. The model is an imaginary figure I created based on Leonardo da Vinci's study drawing of an angel for "the Virgin of the Rocks".


When I think of those who were sitters for the art geniuses such as Leonardo da Vinci, it reminds me of contemporary celebrity culture. I believe they became art and fashion icons though often portrayed as sacred, mythical and literary figures: people never cease flocking around galleries and museums to see those portraits on varied themes almost religiously.


I explored our human mentality concerning those iconic figures once portrayed in the name of art by drawing a comparison with our contemporary celeb culture. I placed the creepered wall in the background drawing inspiration from the scene covered with Virginia Creeper on a fine autumnal day in the heart of English Lake District where I'm based. In this way, I explored entwining the concept above with my personal touch. Hence the title "Virginia (after Da Vinci) Diptych".


オリジナル作品(右キャンバス)は2019年、レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年の年に完成を見たのですが、完成作品としては何かがかけていると思っていました。色々と考え抜いた末にたどり着いたのが本作品、二蓮画として完成させた次第です。本作に登場する女性は、実はレオナルド・ダ・ヴィンチが『岩窟の聖母』に描いた天使のためのドローイングの習作をもとに作り上げたものです。


ダ・ヴィンチを筆頭にして美術史を彩る天才たちが描いた肖像のモデルとなった人々のことを思う時、ボクは現代のセレブ文化に思い及ぶのですが、そうした聖画や神話画、文学主題の作品などに描かれた人物たちは、いわばアート&ファッションのアイコンとなっていたと思うのです。今日でも人々はそうした作品を観にミュージアムやギャラリーにこぞって足を運んでいるわけです、まるで巡礼者でもあるかのように。


ボクは、現代のセレブ文化との対比で、芸術の名の下に描かれた人物たちの象徴性と人間心理について美術的なアプローチを試みたいと考えました。背景のツタで覆われた壁は、ボクが創作拠点を置くイギリス湖水地方で、とある秋の日に見つけた場面にインスピレーションを得たものです。この植物はVirginia Creeperという名で知られています。こうして、上述のコンセプトに美術家としての私的なエッセンスを織り込み、作品タイトルを『Virginia (after Da Vinci) Diptych』とした次第なのです。