Gold Beatrix Potter featured in the Westmorland Gazette

July 28, 2016

This year we are celebrating the 150th anniversary of Beatrix Potter’s birth. Best known as the author of “Peter Rabbit” series, Potter was truly a multifaceted person; talented watercolour artist, scientist, farmer, conservationist, entrepreneur, etc.  She so loved the Lake District that she left 4000 acres of land including 14 farms to the National Trust after her death. I wanted to pay homage to her legacy enhancing the concept of Andy Warhol’s “Gold Marilyn Monroe”. While Warhol questioned Monroe’s legacy by using uneven gold paint in the background, I applied even gold to celebrate Potter’s legacy in the diptych style. The flock of sheep shown in the picture is Herdwick, native to the Lake District; it is said that Potter saved them from extinction. This work can be seen at the Lake Artists Society Summer Exhibition until 7th September.

 

今年はビアトリクス・ポター生誕150周年を記念する年。『ピーターラビット』シリーズで広く知られるポターですが、実は優れた水彩画家にして科学者であり、農場経営者にして自然保護活動家、また起業家でもあるなど多彩な顔を持つ女性でした。その死後、14の農場を含む4000エーカーもの所有地をナショナル・トラストに遺贈しています。今回、そのポターの偉業を讃え、アンディ・ウォーホルの『ゴールド・マリリン・モンロー』のコンセプトを敷衍した作品を制作しました。ウォーホルがその作品の背景色をむらのある金色に塗ってモンローの名声に疑問を投げかけたのに対し、ボクは本作品の背景色を均質な金色にしてポターの揺るぎない評価を讃えるかたちで二連画に仕上げました。対となるおびただしい羊の群れは湖水地方固有種のハードウィック羊で、一説によればポターがこの固有種を絶滅の危機から救ったと言われています。本作品は、湖水地方芸術家協会夏期展にて9月7日まで公開されています。

 

 

 

Please reload

Art workshop organized at Brantwood

October 30, 2019

1/10
Please reload

latest news
Please reload

archives