Natural Poetry

This art project was held in 2005 at Rydal Mount where the Poet Laureate William Wordsworth once lived. It was the first art collaboration with English poet Gary Boswell and young cellist Yoshika Masuda.

本アートプロジェクトは、かつて英国ロマン派詩人ウィリアム・ワーズワースが暮らしたライダル・マウントにて2005年に行ったもの。それは、 英国詩人ガリー・ボズウェルと若きチェリスト、 ヨシカ・マスダとの初めてのアートコラボレーションとなった。

1/3

  This project was held in 2005 as the art collaboration with a contemporary poet Gary Boswell and a young cellist Yoshika Masuda  at Rydal Mount, where the Poet Laureate William Wordsworth once lived for nearly 40 years. Through this project I explored the potential communication with the great poet past based in the Lake District where I started to live with my family. As is well known, Wordsworth was a poet who so loved the Lake District as to try to stem the torrent of modernisation. I assembled a series of works in attempting to trace Wordsworth’s visual fragmentary memories, deep emotion in his dairy life through the inspiration by the beauty of the Lakeland, and interpreting it in my own visual language. It was an artistic attempt to trace back to the poet’s spirituality and creativity at the Romantic period, namely the the dawn of the Industrial Revolution, from the perspective of our contemporary society. I believe our contemporary society is traceable to the modernisation that has transformed politic, economic, military, ideological, social and spiritual frameworks, and confronts unfavourable legacy of the modernisation such as Post-colonialism, environmental threats, energy issues, etc..Through this artistic attempt, I explored something in common among all of us with different art forms beyond time and borders. Furthermore, I personally tried to create each work as if writing poems through which I contemplate the potential creative form between literature and visual art. This is, however, the first series of brush hatching technique with Japanese sumi ink & acrylic.

  2005年、英国ロマン派の桂冠詩人ウィリアム・ワーズワースがおよそ40年にわたって暮らしたライダル・マウントにて行った、 現代詩人ガリー・ボズウェルと若きチェリスト、 ヨシカ・マスダとのアートコラボレーション。それは、家族で暮らし始めたイギリス湖水地方において、かつての偉大な詩人との対話の可能性を模索したものだった。ワーズワースが近代化の流れに抗うほど湖水地方を愛した詩人だったことはよく知られているが、ボクは、現代に依拠しながら、同じくここイギリス湖水地方がなおも留める自然美に霊感を求め、生前の詩人が日常の中で体験したであろう視覚的記憶、また豊かな感動の断片を辿り、自身の視覚言語として昇華してみたいと考えた。それは、英国に発した産業革命を機に刷新されてきた政治的、経済的、軍事的、思想的、社会的および精神的な世界構造と同一軌道上にある現代、その近代化がもたらした負の遺産(ポスト・コロニアリズム、環境問題、エネルギー問題など)に直面する現代から、産業革命が産声をあげた時代に生きたロマン派詩人の精神性を逆照射する試みであった。それによって、それぞれ芸術家の持つ豊かな創造性の共通項を、時代や国境を越えて導き出すことがきるのではないかと期待し、このコラボレーションが実現した。個人的には、文字と視覚イメージとの間の創造的なかたちを模索しつつ、このシリーズの創作に臨んだ。これはまた、墨とアクリルを併用しての線描法を駆使した最初のシリーズとなった。

Japanese artist in the Lake District | イギリス湖水地方の日本人美術家 | United Kingdom

Hideyuki Sobue's Portfolio | Copyright © Hideyuki Sobue. All rights reserved.

  • Email
  • Instagram - White Circle
  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • LinkedIn - White Circle